スポンサーリンク

意外と懐いてたデグーたち・・・。

4匹いたデグーのうち

一番懐いていた「みかさっち」が亡くなって

一週間がたちました。

そこで、気がついたこと・・・。

残りの3匹のデグーも、思っていた以上に懐いてました。

生後1ヶ月10日の赤ちゃんのときから1頭飼育している

キュン太郎は生後半年くらいしてから反抗期に入り、

以来、甘えて来ないし、勝手にお散歩していたし

推定2歳で姉妹でやってきたガンバとシジンは

もとから二人で勝手にやってて

ほぼ観賞用・・・と思っていたし・・・(でも、芸は覚えます)

現在の大阪ネズミーランドは

デグーたちのほか、

「エサくれ!」とはしゃぐだけのロボロフスキー2匹

手乗り訓練中でお迎え1ヶ月のジャンガリアン1匹

お迎え2ヶ月のチンチラ

お迎え後ちょうど1週間のチンチラ

で、構成されています。

いままで、

よく懐いていた「みかさっち」と比較されて

やや「つまらん」とカテゴライズされていたデグーたち。

みかさが亡くなって、

比較対象が新入り&ロボロフスキーとなったことで

実は懐いてたんだ~・・・・

と、再発見しました。

夜の暗い部屋でへやんぽさせたことのなかったキュン太郎を

初めて就寝間際にへやんぽすると

布団の中に入ってきて、

ワタシの首元で暖を取ったり、

甘えてきたり。

離れたところで畳をかじる音がして、

やめて~~・・・と声をかけると

音が止んで、寄ってきたり・・・。

これって、懐いてますよね・・・。

冷静に考えると、かなり、懐いてる。

でも、今まで、見えてなかった。

手のひらで甘えるキュン太郎

大人になってから来たガンバ&シジンも

へやんぽすると、ワタシの後ろをついて周り、

しゃがむと、肩に乗ってきたりする・・・。

まぁ、1年以上前に、「ついて来い」と「ヤッホー(肩のり)」を

教えたことも、理由のひとつではあるけれど

何も言わずとも着いて来る・・・。

「お手」とか、筒をくぐらせる芸とかもするけど、

やっぱり、懐いていると思う。

今まで、気づいてなかった。

すごく懐いていた「みかさ」がいなくなったのは

淋しいけれど

みかさを特別視するあまりに

他の子たちが見えてなかったんだな・・・と。

さらに、

比較対象がロボロフスキーとジャンガリアン

やってきたばかりのチンチラじゃ・・・ね・・・。

新入生を構うのも楽しいけれど

先住のデグーたちを、もっと、もっとかわいがろう!

と思えた発見でした。

久しぶりに甘えてきたので、

キュン太郎の動画を取りました→https://youtu.be/rhT7U5mnUtA


↓ブログ村&ブログランキングへ↓

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
小動物 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする