スポンサーリンク

チンチラ用ケージ(小屋)の選び方

チンチラをお迎えするに当たって、
当日に小屋を購入しました。

購入したのは
ラビットケージUK640なる平屋。
ラビットケージ640

購入ポイントは

———————————
*安かった
*底面積が広かった
*チンチラがまだ小さいから様子見
*一人暮らしの時に使っていたテーブルの下に入る大きさ

———————————

チンチラは高さがあるものがいい・・・
と聞いていましたが、
まだ子供なので

———
高さ→落下→ケガ
———
を危惧しました。

また、
今飼っているデグーでは
10年ほど前は「高さのあるものを」と言われていましたが
今は

「高くないほうが怪我しない」というわけで
「高さ」が推奨されていないので、

生息地がデグーと同じチンチラも
同じではないか?
(高さは不必要&危険ではないか?)
と考えたからです。

なので、我が家のチンチラ用ケージは
一般に推奨されているものとは違います。

チンチラのケージの選び方

でも、チンチラをお迎えするにあたって、
調べたチンチラケージの選び方は次のようでした。

*底面積が広く
*高さのあるもの
*網の幅は広いのはNG

と言われていて、

それぞれの理由は

——————————————–
・活動領域は広いほうがいい
・岩場を飛び回るので高さがあるほうがいい
・活動面積を増やすため、仕方なく2階建て、3階建てと
上方向へ面積を稼ぐ
(人間の家とか、マンションとかと一緒の理由)
・壁を蹴ってはねるので、脚を挟めるなどのケガ防止

——————————————–
のようです。

チンチラ飼育本で有名な(でも絶版らしい)
「ザ・チンチラ」の著者リチャード・ゴリス氏の家では

床100cmX100cm
高さ120cm
もの大きなケージを使っていたそうで

そりゃ、
動物は広いほうがいいでしょうね!!!

という具合に、全く参考にならない情報しか
調べられませんでした。

通常の家庭なら
sankoの
イージーホーム80ハイ(幅81cm、奥行き50.5cm、高さ84cm)
とか
イージーホームハイ・メッシュ(幅62cm、奥行き50.5cm、高さ78cm)

あたりが
現在販売されている中では
よく使われているケージのように思われました。

いずれにせよ、高さのあるケージを選ぶなら

底面積をより広いものにして
チンチラが直線的に落下することを防ぐような
レイアウトが必要だと感じました。

追記:

ケージの針金塗装はウサギ用は避けたほうがよさそうです。

チンチラがケージをかじって塗装が剥げた際

ささくれのようになって↓ 

毛が引っかって抜けている事がありました…(-。-;

↓ブログ村&ブログランキングへ↓
にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
小動物 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする